info_page
『M-02/M-02J』
『M-02/M-02J』
公開飛行中の『M-02』

公開飛行中のM-02  (2008/10 金沢市民芸術村にて)

 『M-02/M-02J』は、『OpenSkyプロジェクト』(※)主宰、八谷和彦さんからの依頼を受けて開発した無尾翼機です。

 開発開始から2年、2006年の春に滑空機バージョンの『M-02』が完成し、これまで60発以上のテスト飛行を行ないました。M-02は現在、八谷和彦氏の作品として『金沢21世紀美術館』に収蔵されています。

 つづいて2010年、M-02にジェットエンジンを搭載し、地上操作のために脚まわりを大幅に変更した『M-02J』が完成しました。残念ながらその後の試験でエンジンが損傷し、プロジェクトは休止となりました。これを持ってオリンポスは、『OpenSkyプロジェクト』における役割を終えることとなりました。  

 架空の飛行機の実現には多くの苦労がありましたが、このプロジェクトへの参加を通じ、私共オリンポスも多くの経験を積む事ができました。この経験は、先へ歩を進めるにあたり、大切な財産となったと確信しております。

 M-02Jは現在、八谷氏の下で新エンジンに換装され、試験継続中との事です。氏が長年情熱を傾注したプロジェクトが、無事に成功される事を願っております。

※映画「風の谷のナウシカ」のメーヴェを実機として再現するプロジェクト



Page Top


main

この改行が大事だったりする→
main_box